海洋灯(まりんらんぷ)通信 marinelamp.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

“海”が好きです。“あかり”が好きです。ただ眺めているだけで、なぜだか「ホッ」とした気持ちになりませんか?船のでんきやが片田舎の海辺の暮らしを気ままに発信しています。


by 210dk
プロフィールを見る
画像一覧

消えずの灯明


お彼岸らしい話題をひとつ。。。(*^^)v

鹿児島T寺のU様 ボートランプ2型の購入ありがとうございました。

f0138073_17245516.jpg

御了解をいただいておりますので、以下にU様からいただいたメールをご紹介します。

~今回のランプ購入は、「消えずの灯明」の護持という実用性が目的ですが、

個人的にこのような小物が大好きで、目的以上に気に入っております。

仕事がら真鍮磨きも常備しておりますので、手入れも楽しみの一つです。
   (ちなみに真鍮磨きは「ピカール」が最高だと思います)

「消えずの灯明」は高野山(和歌山)の奥の院という所にあり、

長和5年(1016)より点いていると伝えられます。

実物は巨大な灯篭ですが、菜種油と灯心だけで点いています。

囲炉裏の火などでバックアップはしていますが、

基本的に、僧侶たちの眼と手だけで管理しています。


私もこの「法灯」を護持した経緯があって、

いつか鹿児島に迎えようと考えておりましたが、高野山のような管理ができません。

いかにして安全かつ低コストを前提に、

24時間以上の持続点灯を実現するかが大きな課題でしたが、

それらの問題は解決しました。

現在、ランプの特性を研究しつつ、更なる安全管理の徹底を模索中です。

年内には、高野山の法灯を巻線香に移し、車で鹿児島まで運ぶ予定です。


このランプは、本来のイメージも良いのですが、

「法灯」を灯せば、威厳を感じさせるデザインですね。

そのまま本堂に置いても問題ありません。~



ボートランプは、長野オリンピックで「聖火」の保持灯に使われていましたので

信頼性はバッチリなのですが、こんな使い方があったとは。。。

U様が「消えずの灯明」を無事運ばれ、お守りされますよう  合掌


ブログランキングに参加しています! この記事を読んで「なるほどなぁ!」と思われた方は 
    クリックしてみてください! それぞれ最新のランキングが見れま~す!
f0138073_2005374.gif          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
[PR]
by 210dk | 2008-03-21 17:49 | マリンランプ設置例